スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/30 自己の振り返り(後編)

GW前半、いかがお過ごしでしょうか!?
私は5月3日から休みに入ります。

休み中は家族と過ごしたいため今週のトレードはあまり力が入っていませんw
力入れてもいい事ありませんが…

下の子(5才)の自転車特訓もしたいです。

普段、週末は仕事で家にいないので沢山遊んでやろうwww



ブログのタイトルを少々変更しました!

損切りが勝利の近道

のところです。

人一倍、遠回りしてるくせにタイトルに近道はないだろう…


ここからは昨日の続きで自分を振り返ってみたいと思います。

あくまで私の性格に合った考え方なので人それぞれ考え方や感じ方は違うと思います。

記録しておくことで1年後にこの記事を見て自分がどう思うのか…

それが楽しみでしょうがない。


では、興味の無い方は飛ばして下さいw

ランキングが上がると単純に嬉しいんです!
↓↓↓ポチっとよろしくお願いします
人気ブログランキングへ


ポチも嬉しいですがコメントをいただけるともっと嬉しいです!
遠慮なく絡んでやってくださいwww



自己の振り返り 続き…
なんで無裁量ではメンタルが乱れないのか!?

無裁量トレードのエントリーに際してこだわった点が一つ。


エントリー方向の決定に優位性を求めない事

何故なら、エントリー方向に優位性を求めれば

それはトレードと変わらないから。



今まで優位性を求めたエントリーをしてきた結果


優位性が期待感に変わる

損切りになると期待感を裏切られる

不快感を覚える


期待感が含み益のポジション決済を遅れさせる

期待感が撤退を迷わせ必要以上の執着心を持たせる

含み益を建値に、又は建値撤退が遅れ損切りになる



これはあくまで私の性格から感じた事なので皆が当てはまることではないと思うが。


私の場合、エントリーに優位性を求めてしまうと期待感が生まれ

期待感が正しい行動をするためのメンタルを乱してしまうと考えた。



優位性を求めない無裁量トレードでのポジションは、執着心を持たずに損切り・撤退・利確が簡単にできた。


コインで決めたポジションに期待するほうが難しい。


期待が無いからメンタルも乱れないのだ。


結果は徐々に出始めた。

エントリールールは変えたくなかったので手仕舞いルールを修正していった。


検証回数が進むと面白い発見もあった。


値幅と勝率の概念だ。


詳しくは言いたくないが…

エントリー地点から見る値幅の確率と決済地点から見る値幅の確率は違うのだ。

勝率を下げる原因がわかった。

知ったところでトレードに勝てるようになるわけではないが…


しかしこの考え方が私の手仕舞いルールの骨格となり修正をしていった。


無裁量トレードの検証でメンタルを乱さない自信が出てきた

ポジションを持った時の考え方がわかった


これでエントリーに自己裁量を加えればより良い結果がついてくると思った。


2012年は裁量トレードと無裁量トレードの2本立てで飛躍の年になると確信していた。


私の理想としているトレーダー像に少しでも近づいたと思っていた。


無裁量トレードでも勝てるのだが、裁量トレーダーこそ私の理想だった。


しかし、2012年に待っていたのは相も変わらずの期待感トレードだった。


ポジションに執着し含み益を建値に

建値撤退すべきところを損切りに

感情を抑えれずにフライングトレードも何度もあった。


何も変わって無かったのだ…


挙句の果てに上手くいかないストレスからやけくそトレードをしてしまい

大事な資金を感情ひとつで大きなリスクにさらす

寸前までいった。


後から考えると冷静に判断できるが、その瞬間は判断できなかった。


別に大きなマイナスを出したわけではない。

むしろその週のトータル利益はプラスだった。


でも、メンタル崩壊のあの感情の危険さをよく知ってるからこそ自制していかないとダメだと思った。


前に進むために諦めないといけない物もあると感じた。


私が理想としてきた裁量トレーダー像…

これを捨てない限り、いつまでたっても期待感トレードを繰り返すだろう。


トレードを難しくしていたのは自分自身の感情。


やっと理想を捨てる決意ができた。

ここにたどり着くまで約5年。


迷いに迷い、遠回りしたがすっきりした気分だ。


この記事を1年後の自分はどのように感じるだろうか…

笑って読み返せるくらい成長していたいと思う。



ランキングが上がると単純に嬉しいんです!
↓↓↓ポチっとよろしくお願いします
人気ブログランキングへ


ポチも嬉しいですがコメントをいただけるともっと嬉しいです!
遠慮なく絡んでやってくださいwww
スポンサーサイト

4/29 自己の振り返り

富山発~車屋★☆SHIO☆★のFX損切りブログ~
損切りが勝利への近道 ‐FX BLOG TOYAMA-


ブログタイトルを改めて見ると、
お、お恥ずかしいwww


損切りが勝利への近道だとぉ!?


少なくとも私にとっては近道なんて無かったのですが…

ここからは長い上に参考にならない可能性があるため興味の無いかたは飛ばして下さいw




FXを始めて約5年。


感情にまかせたトレードで引かされナンピンを繰り返し、証拠金を見つめながらひたすら祈る…

なぜそのような事になったのか、後から後悔しても価格は戻ってこない。


資金管理の重要性を学び反省してもなお同じ事を繰り返し、資金を3回飛ばすことになる。


幸い、今思えば大きな金額ではなかったのでよい勉強代となった。


よく、淡々と機械的にトレードすると言われているが、

自己感情がトレードにとって非常に重要だという事に気が付くまで2年かかった。




資金管理=自己感情の管理ということ。


誰だって平常心の時は資金管理のルールなんて守れるし、どんだけ大事なことかよく理解している。



損切りもせずにナンピンするはずないだろ!!

俺は資金管理の重要性もメンタルの重要性も理解したし絶対に大丈夫!

そんなリスクに資金をさらして大きく資金を失うことはもう絶対に無い!


…と、こう思っていた。



FXを始めて3年目からは、

資金管理の次はエントリー手法だ

少しでも優位性の高いエントリーポイントをエントリールールに落とし込んで検証しよう!

そのためにはテクニカル分析ができなくては!

勝ってるトレーダーは何か特別な手法があるに違いない!


と、誰もが通る道を歩き始める。


資金管理ができてエントリー手法を確立することこそが

勝利への近道だと思っていた。


勝っているであろうと思われるトレーダーのブログからエントリー手法を拝借して

まねしてみることから始めてみた。

色んなブログを参考にしていた。

この頃はまだ、偽トレーダーのアフィリブログとかもわからなかったなw


勝っている人のまねをすれば勝てるだろう!


まぁ、誰でも1度は考えるわなw

これはね、やった人はわかると思うけど

まねできない←というか継続できない


なんで継続できないのかは

メンタルが弱いから…

だと思っていたけど、半分正解で半分不正解。


メンタルは鍛えれば強くなるもんだと思っていたけど違うんだな。


人の手法なんて数回損切りになればやっぱりダメだと感じて、次の手法は?

となってしまう。

自分で考えた手法も同じで損切りが続けばやっぱり違う…

となってしまう。

なんで継続できないか!?

それは自分で汗かいて検証した結果得られる統計的自信が無いからだと思う。

メンタルが弱いからではなくて、

メンタルを上回る統計的自信が無いから


自信が無いから数回の損切りでメンタルが乱れる。

そして、もっと優位性のあるエントリー方法はないかと3年近く聖杯探しの旅をする事になる。


それでもなんとか収支は大きくマイナスにはならず横ばいのレンジトレーダーを続けてきた。

でも、統計的自信の無いトレードを繰り返し何度もメンタル崩壊していた。


資金を飛ばすことは無かったが、コツコツ積み重ねてきた利益を1回のメンタル崩壊で失ってしまう。


そのたびに自己嫌悪に陥り、

なんでやってはいけないとわかっている事を感情にまかせてしてしまうのか

と何度も反省したが同じ事を繰り返す。


どんなに理解し、辛い思いを体験してきてもメンタル崩壊の可能性は0%にはならなかった。


相も変わらず感情トレードを続けていたときに無裁量トレードの検証を始めた。


相場には、買いと売りの2つしかない。

エントリー通貨と時間・手仕舞いルールを決めて、

エントリー方向はコインにゆだねる。


手仕舞いルールも回数を重ねて研究し少しずつ修正していった。


不思議とメンタルが乱れないという事に気が付いていく。

正確には乱れないというか感情の起伏はあれど大きく乱すことは無かったと言うべきかな。


平行して裁量トレードもしていたのでテクニカル的に

ここはどう見積もっても買いだろ!売りだろ!

みたいな感情があるにも関わらず、コインの出た方向に従わなくてはいけない事が多々あったのですが…


そんな感情が生まれたエントリーでも意外に利確が多いw


エントリーなんてどこでもいいって言っている根拠はここにある。


自分のテクニカル分析では100%の買いシグナルで、損切り確定だと思いながらもその逆を行い

そのエントリーが利確になる…


相場に絶対は無いってのはわかってるけど心の中ではバイアスかかってるんだよ。


この体験から、エントリーに優位性を求めるより

手仕舞いルールのほうが大事だということを身をもって学習できた。

去年の10月から検証始めているが、月間マイナスは無し。

今のところ最大連敗は9だ。※これは最初の頃で、手仕舞いルールを変えた事で連敗数は減った

裁量で9連敗もしようものならメンタル崩壊してるだろうに…


なんで無裁量ではメンタルが乱れないのか!?



…とここまで書いて疲れてきたw

こんな私の参考になるかならないかわからない振り返りも自分のために書いているのでw


続きはまた気が向いたら。。。

ランキングが上がると単純に嬉しいんです!
↓↓↓ポチっとよろしくお願いします
人気ブログランキングへ


ポチも嬉しいですがコメントをいただけるともっと嬉しいです!
遠慮なく絡んでやってくださいwww
世界時計
プロフィール

SHIO

Author:SHIO
-FX BLOG TOYAMA-
FX歴6年目のSHIOです。
富山で車屋をしています。

30代 男
妻 子供2人

自分で考え試行錯誤し、何度も痛い失敗を経験…

それでも諦めないって、また失敗を繰り返し

遠回りしたと思った道が実は正しい道だったと

気が付くことができた…

「近道は迷い道、急ぐほどに足を取られる」

「迷った道が私の道です」

最新記事
最新コメント
ブログランキング
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。