スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐れることはない

実に3週間ぶりのブログ更新…

6月からは無裁量トレードの検証をブログにアップしようと思っていましたが、

気が変わりというか

ブログに割いていた時間を検証のための時間に使おうと思い

ひたすら売買記録の検証とバックテストを行っていました。




今まで色々試行錯誤してきたけど、やっぱりたどり着くところは

一言で言えば自己規律がない!

これに尽きるね。


覚悟が足りないとも言えるし、自己逃避とも言えるかな。

自ら逃げてたんだ。

自ら言い訳を残し、責任転換してたんだな。


わかっていても規律を守れない自分を認めたくなくて逃げてた。



でもね、もうソコしか残ってないんだわ。


規律を守っても結果がついてこなかったら…

この恐怖心から目をそむけては壁を越えられないわ。



バックテストでは

・トレンドフォロー
・性格に合った時間軸

を意識して統計的に期待値プラスのルールはできた。


1円以上のトレンド相場に乗る。
反対のレンジ相場は必然的にドローダウン期間と割りきりる。


トレンドに乗ってレンジでも取る

なんて欲張りなことを今まで考えていたけど、

私の性格じゃ難しいのはよくわかっているのでレンジ相場は切って捨てます。


売買ルールは

デイ(数時間~数日)

スイング(数日~数週間)

の2種類でいきます。


バックテストも終了し、来週からリアルでの検証をスタートさせます。


準備は出来た!

あとは規律を持って一貫性を貫き通すのみ!




規律を守るには近道なんてなくて

何度も何度も同じ失敗を繰り返し

自己嫌悪に陥っても

諦めずに這いあがり

それでも同じことを繰り返す自分から

目をそらさず

言い訳を残さず

変わることに対する恐怖心から逃げることなく

出来なかった今までの自分を受け入れる


恐れることは何もない


ランキングが上がると単純に嬉しいんです!
↓↓↓ポチっとよろしくお願いします
人気ブログランキングへ


ポチも嬉しいですがコメントをいただけるともっと嬉しいです!
遠慮なく絡んでやってくださいwww
スポンサーサイト

コイントスをしてみるといい!

コイントスをしてみるといい


自分なりのトレードルールが出来て検証を始めたとします。

初めの1週間でエントリーチャンスが5回あって全て損切りだった場合、どう感じますか?


やっぱこのルールはダメだな…

と感じて違うエントリールールに変更するのか、

もう1週間だけ検証してみよう!

と翌週の5回のエントリーで2勝3敗

さて、どうしたものか?

やっぱりこのルールはダメなのか…


そんな迷いが生じたら、

コイントスしてみるといい!


短い時間軸のトレンドで狭い幅を取るスキャルは高勝率ですが、

デイトレやスイングでは損小利大で勝率はだいたい50%前後です。

バックテストで40%や60%の勝率でも10回のエントリーではそれほど差は出ません。



コインの表が勝ち。
コインの裏が負け。

コイントスはとりあえず100回位でいいかな。


まぁ、だいたいは50:50に近い数字になりますよね。

100回位だと40:60位の誤差は普通にあります。


1回1回の勝ち負けをメモしていくと5~10回の勝ち負けにはサイクルがあることに気が付きます。


「勝ち 負け 勝ち 負け 勝ち 負け
勝敗が交互にくるサイクル。


「勝ち 勝ち 勝ち 勝ち 負け 勝ち」
負け 負け 負け 負け 負け 勝ち」
勝敗が偏るサイクル。

勝敗メモをみるとこのサイクルが交互に並んでいます。


コイントスでこの勝敗のサイクルをコントロールできます?

できませんよね…

トレードルールに沿ったエントリーの勝敗も同じようなもんです。

勝敗が偏るサイクルは必ずやってきます。

1週間単位では全勝して気分のいい週末を迎え、
「やっべー、ついに見つけた!高勝率手法を!」

ノリノリで今後の資産計算してみたり(笑)

逆に全敗でどんよりした暗い週末を迎え、

「はぁ~、絶対に俺のトレード監視されてるって」
「勝てる手法どっかに無いのかよ」

とか…

どんな手法でも勝敗のサイクルは避けることができません。

このサイクルを受け入れて継続できた先にしかそのトレードルールの答えはでません。

「継続できる」

がポイントで、連敗に余裕で耐えれる資金管理とメンタルが必要ですね。


今考えている私の新しいトレードルールを検証する際は、

連勝サイクルと連敗サイクルは普通にやってくる

ということ理解し、

浮かれず落ち込まず受け入れないといけないんだぜ!俺。


↓↓↓ここをクリックすると…
人気ブログランキングへ
私のブログランキングが上がり、テンションが上がってメンタルが乱れ、まったく参考にならないヘタレブログになるかもしれません…

ドローダウンとメンタルの関係

久々に「メンタルの関係」の記事を書きとめておこうと思いました。

私自身に訪れたドローダウン時に気が付いたメンタルとの関係です。


思い返せば先月…
10/24から続いた1週間単位の負けも今週でようやくストップできました。

ホント苦しかったし色々悩んだ。

裁量トレードは自分に向いていないんじゃないか?

何か相場から攻撃を受けている様な感情になったし、なめられている様に感じ腹も立った。


改めてメンタルの重要性を再認識できた期間でした。


はっきり言ってスランプやドローダウンの期間は引き寄せるべくして自分自身が引き寄せているんだと感じました。

その始まりは…

無駄なエントリーの損切りからくるメンタルの乱れです。

無駄なエントリーとは?

「利益を上げたい」もしくは「損失を取り返したい」という欲求を満たすために相場を色眼鏡で見て視野が狭くなった状態でのエントリーです。

この時のメンタルの症状は

チャートを細かい動きでしか見れずに、ポジションも持ってないのに相場の動きを見て

利益を取りこぼした!

と感じている状態です。

取りこぼした~!=損した~!!

と感情がここまで来るとかなりヤバいです。

エントリーする前からメンタルが乱れている状態です。

そして、自分では気が付かないが感情に押されて無駄なエントリーをしていることが多いです。

チャート分析も自分の都合のいいように解釈して、後からエントリーした理由を探したり…


損失を受け入れられず、ラッキーパンチで損失を早く取り返そうとする。

ラッキーパンチが当たることは稀で、さらなる損失を積み重ねてしまいます。

そもそも損失を受け入れられないメンタル状態は感情に押されたエントリーでおこり、自分の間合いでエントリーしていれば損失の受け入れは容易です。


スランプやドローダウンはメンタルの乱れからくるラッキーパンチの積み重ねです。

ただ、厄介なのはドローダウン時には中々気が付かないという事です。


ドローダウン時の私なりの対処法は

待つ!

利益を取れるポイントを待つのではなく


ここでエントリーして損切りならしょうがないと受け入れる事ができるポイントまで待つ!

↑これです。

次第に取り返そうという感情が落ち着いてきて自然に無駄なエントリーが減ってきます。

今週はこの対処法で感情をいい方向に持っていくことができました。


ルール通りのエントリーも大切ですが、損切りを受け入れられるポイントなのかどうかも大切です。

次のエントリーに過去の感情を引きずらない。


今回のドローダウンで感じたことを自分の腹の底に落とし込んで今後のエントリーで意識していきます。


↓↓↓ポチっとすると…
人気ブログランキングへ
クリック回数が1回増えます。
ブログを読む時間+2~3秒かかります。
なんの得にもなりません。
でも…ポチして☆~の…星~の…  

50:50とメンタルの関係

相場は上がるか下がるか50:50

本当にそうなの?
そうだとしたら、なんで勝率は3割位なの?

と思った事ないですか?


じゃぁ、数えてみようか・・・
とチャートの陽線と陰線を数えてみました。


ドル円の日足・直近の100本

結果は…49:51

おぉっ!!



ドル円の4時間足・直近の100本

結果は…49:51

うおぉっ!!!


近い!限りなく50:50に近いやんけ!!

たった100本数えただけでこの結果…

やっぱり相場は上がるか下がるか50:50と確信しましたね。


ちなみに、コイントスも100回やってみた…
表か裏か50:50

結果は…40:60

あれ?…
俺の100回の引きは相場より安定感ないんか?
それともこの100円玉は裏が出やすいのか?

とメンタルが乱れたのでもう100回やってみた…

結果は…49:51

ほれほれ!やっぱり50:50に近いやんけ~
…と自分の引きに内心ホッとしたりして。


で、何が言いたいのかと言うと、

チャートのロウソク足も、コイントスも

少ない回数ではどちらかに偏ってしまう時がある

という事です!

つまり数えた結果、日足も4時間足も5連続して陽線もしくは陰線ってのがあってコイントスにおいては8連続で裏が出たのに最終的には50:50に近い数字で落ち着くんです。

そんな事は、大数の法則で知ってるよ!

って思った方…今更すいません。


じゃあ、メンタルの関係で考えるとどうなるのか。

コイントスの場合は次が表か?裏か?って予想するのはバカバカしい事でいつか50:50に落ち着くからどっちでもいいよって感じがしませんか?
コイントスにおいて5連続で表がいつ出るのかを予想したりしませんし出来ませんよね。
次が表か裏かなんて誰にもわかりませんから。
気持ちがぶれる事はありません。

相場の場合は過去のチャートパターンを分析することによって、陽線が続くんじゃないか?陰線が続くんじゃないか?とコイントスと比べ予想は多少効くと思います。

でも、多少なんです。

チャート分析はコイントスで売り買いを決めるより、多少は優位性があるってだけなのです。

多少なので10回や20回のエントリーでは結果は偏ってしまいます。

この多少の違いが、大きな期待に変わりメンタルを乱すという間違いをしてしまうのです。

なので上がろうが下がろうがメンタルを乱してはいけません。
コイントスでも8連続で裏が出るのです。
ルール通りにエントリーしていても、8連続で逆行することもあるという事です。

大数の法則は乱れを嫌います。

メンタルが乱れ勝負に行き買い下がったり、損切りを広げたり、ポジション数を増やしたり、チキン利食いをするこれらの行為は
相場が提供してくれている50:50の確率を乱す原因です。

結果にこだわり、表か裏かで一喜一憂してメンタルを乱すことはいかに無駄な事なのか気がつかなくてはいけいません。

こう考える事ができればメンタルを乱さずにトレード出来ると思いませんか?

応援ポチよろしくお願いします!
人気ブログランキングへ
ありがとうございます。少しでも参考になるブログにしたいと思っています。

恐怖心とメンタルの関係

感情トレードから解放されるために必要なことは…


トレードにおいて恐怖心を持ったことはないでしょうか?
トレードにおける恐怖心とはどんな時に感じるのか…

・エントリーチャンスがきた時
・ポジションが引かされた時
・ポジションが順行している時
・損切りになった後に反転するチャートの動き
・利確した後に更に順行するチャートの動き
・ポジションを持っていない時に起きる不意な動き
・エントリーチャンスを待っている時


どうですか?
上記の様なときに怖いと思った事ないですか?
胸が締め付けられストレスがたまるのを、自分はまだまだ精神力が弱いんだと我慢したり頑張ったりしてませんか?
自分はこれっぽっちのポジションサイズでビビってるのに、億単位でトレードしてるトレーダーはどんな精神力なんだろ?すげーな!と思った事ないですか?


なぜ、怖いと感じるのか
なぜ、自分は我慢が足りないと感じるのか


答えは簡単なところにありました。

話の途中ですが…
応援ポチよろしくお願いします!
人気ブログランキングへ
ありがとうございます。少しでも参考になるブログにしたいと思っています。


その答えは!?

トレードするのをやめる。

……
………です。

おいおい!ふざけるな!!

と思っていただいた方。
ありがとうございます。


答えは

結果にこだわってトレードするのをやめる。


結果とはトレードに置き換えると利益を出すです。



エントリーチャンスがきたのに怖くてエントリー出来ないエントリー恐怖症→損切りになって利益を失うかも

チキン利食い症候群→含み益が反転して得られるはずであった利益を失うかも

ポジポジ病→エントリーチャンスを逃し、得られるはずであった利益を失うかも


結果を出すことにこだわっている心理状態が、結果を出せない事に対しての恐怖心を生むのです。

結果を追いかければ追いかけるほど恐怖心が生まれ、
損切りが続くと焦り、
感情を刺激されメンタルが崩壊するのです。

メンタルが崩壊するとトレードルールを破り、
「もうどうにでもなれ!」って気持ちになり感情トレードを繰り返し、
1日に200PIPS位の損失をだしてしまう。

翌日、猛反省したはずがまた予期できない動きがあると繰り返すんです。

結果にこだわると感情的になるんです。

そして、大事なことがもう1つ。

結果が出ないとあきらめてしまうのです。



では結果にこだわらず、何にこだわるのか。

エントリーに至る過程にこだわるのです。

結果にこだわる大勢の人は、エントリーしてからのレートの動きが気になってしょうがないと思います。
上か下か予想して、ハラハラドキドキしてレートを見ています。
自分のエントリーは正解だったのか不正解だったのか、結果が気になってしょうがないのです。

それでは精神的に辛くて辛くて仕方がありません。
そして辛さに耐えきれずチキン利確してしまうのです。


結果にこだわっていない少数の人は、エントリーに至る過程にこだわりじっと待ちチャンスがきたらエントリーする。
トレードルール通りにエントリーしたことに対しこだわり、結果が損切りになろうが利確になろうがそのエントリーは正解とする。
判断基準は結果ではなく過程なのです。
そもそも、結果にこだわっていないのでエントリー後はハラハラドキドキする事もなく平常心でいられるのです。
利確になろうが損切りになろうがどっちでもいいよって感覚です。

恐怖心が無いから
エントリーチャンスがきたら躊躇せずエントリーして、
違ったら即損切りして、
ターゲットポイントまで待ち、利確する。

結果にこだわってないので、利確しても
「ヨッシャー!」
とはなりません。

だから、億トレーダーは信じられないくらいのポジションサイズでトレードできるのです。
精神力が強いのではなく、結果にこだわってないので恐怖心がないのです。

こだわりの視点を変え、恐怖心が無くなって初めて手法が活きてくるのです。



ふーん…
で?お前は勝ってんの?
と思ったあなた!

このブログはメンタルで私なりに解釈した事や学んだ事を記録して何回も自分で読み返し、腹の底に落とし込むためのツールとなっていますので、温かく見守ってやってください。。。

応援ポチよろしくお願いします!
人気ブログランキングへ
ありがとうございます。少しでも参考になるブログにしたいと思っています。


世界時計
プロフィール

SHIO

Author:SHIO
-FX BLOG TOYAMA-
FX歴6年目のSHIOです。
富山で車屋をしています。

30代 男
妻 子供2人

自分で考え試行錯誤し、何度も痛い失敗を経験…

それでも諦めないって、また失敗を繰り返し

遠回りしたと思った道が実は正しい道だったと

気が付くことができた…

「近道は迷い道、急ぐほどに足を取られる」

「迷った道が私の道です」

最新記事
最新コメント
ブログランキング
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。